産後 いきめない

MENU

産後の悩み、会陰切開した傷が気になりいきめない

 

出産後にスムーズに排便ができなくなり、いきもうとすると会陰切開した傷が気になるのですが、何かいい方法はないでしょうか?

産後の悩みとして便秘があります。
産後に便秘になる原因は主に水分不足です。

 

もうひとつの原因として産後に「いきめない」ということがあります。
母乳により水分が不足して便がガチガチになっているため少しぐらいいきんでもでないというケースと会陰切開をした場合傷が気になり「いきめない」というケースがあります。

 

女性は出産時、会陰が薄く引き伸ばされますが、伸びが悪いと自然に裂傷します。
会陰が十分に伸びていないと肛門や腸にまで傷がつく場合がありますのでハサミで切開をしたりします。

 

会陰切開を行う割合は、7割ほどですので出産する多くの女性が経験することになります。

 

会陰を縫合する場合の痛みは、出産する時の痛みより痛いという人もいるぐらいです。

 

会陰切開を行えば、抜糸をするまで違和感があります。
十分に回復をするには3〜4週間ほど必要になります。

 

水分が不足してガチガチになって肛門付近まで来ているのに「いきめない」ため便秘になってしまいます。

 

基本的な対策は、やはり水分を十分に摂るということです。
水分を十分に摂ることで便がやわらかくなりあまりいきまなくて排便することができます。

 

「そんなのとっくにやっている・・」でも排便できない。
という声が聞こえてきそうです。

 

そういう場合は、薬を使うという方法があります。
便秘薬を使って排便を促します。

 

しかし、多くの便秘薬は「授乳中は控えて下さい」と書いてあります。
母乳に薬の成分が移行してしまう可能性があるからでしょう。

 

簡単に市販の便秘薬を購入して飲むというのではなく医師の診察を受けて医師が出す便秘薬を飲むということになります。
簡単には薬は飲めないことになります。しかし、薬を使って出すのをためらっていると大変なことになります。

 

母乳のせいで水分がなくり便がガチガチにでなくなります。
排便時にお尻から出血して痔になったり、お腹がパンパンに張ってきます。

 

そんな産後の便秘対策にぴったりのものがあります。
それは、サプリメントです。おすすめのサプリメントです。

サプリランキング

おすすめの便秘解消