産後 便秘 コーラック

MENU

産後の苦しい便秘にはコーラック?

産後の便秘はとても苦しいものがあります。
出産で体力が低下して身体はボロボロとなっています。

 

そんな中出産によりホルモンバランスが崩れたり授乳で水分が不足したりしてかなり強い便秘になります。

 

水分摂取を増やしたりヨーグルトを食べたりするのは当然のことですが、それだけでは便秘はなかなか改善しません。

 

苦しさのあまりつい手を取ってしまうのが、有名な市販の便秘薬であるコーラックなのです。

 

一口にコーラックといってもいくつか種類がある

産後にコーラックを飲んでいいのかはわかりません、しかし実はコーラックといっても種類がいくつもあるのです。
まずはどれを飲むかというのを決めないといけません。

 

大正製薬のホームページを見てみるとコーラックの種類として記載されているのは

  • コーラック
  • コーラックU
  • コーラックファースト
  • コーラックファイバー
  • コーラックハーブ  
  • コーラック座薬

 

とこれだけあります。
産後に飲んでいいかは、各製品毎に確認する必要があります。
「コーラック」という名前がついていても中身は違う製品のようです。

 

製品毎に含んでいる成分が違うのでそれぞれの製品の中身を見てから判断しないといけません。

 

基本的には授乳中に便秘薬はお勧めできない

 

授乳中(産後)は、ダメとかいてあったのが以下の製品です。

  • コーラックファイバー
  • コーラックハーブ  

 

下剤の成分であるセンナが含まれているからであると思われます。

 

妊婦は「相談すること」にと書いてあったのが、以下の製品です。

  • コーラック
  • コーラックU
  • コーラックファースト

 

理由は、ビサコジルなど大腸を刺激するタイプの成分が含まれているからと思われます。
授乳中だとビサコジルが母乳に移ってしまい赤ちゃんがお腹を下すかもしれません。

 

何も書いてないのが、コーラック座薬です。

 

コーラック・コーラックU・コーラックファーストであれば授乳中に関する記載はないので飲んでもいいかもしれません。

 

しかし、控えておいたほうが無難に思えます。
薬の成分が母乳に移ってしまうということもあるかもしれません。

 

どうしても飲みたい場合は、大正製薬に電話をして聞くといいでしょう。
薬局の薬剤師でも何らかの回答はあるかもしれません。

 

自分で判断するのはよくありません。

 

では、産後の便秘で我慢できない場合はどうしたらいいかということです。

 

基本的には「コーラック」でなくても便秘薬はおすすめしません。
漢方薬ならいいのではという自己判断でタケダ漢方便秘薬を飲むのもやめましょう。
母乳に移行してしまう可能性があるからです。

 

極力自然に近い成分の摂取で解消するのが一番です。
よく毎朝に「ヨーグルトを食べる」というのがありますが、これで解消ではなかなか解消できません。

 

ではどうしたらいいかというとおすすめオリゴ糖を摂取することです。
なぜオリゴ糖であるかは以下のページに詳しく書いています。