産後 痔

MENU

産後の痔が痛くてたまらない

産後に痔なってつらいということはありませんか?
出産後に痔になるというのはよくあることで非常につらいものでもあります。
よくある産後の痔の症状の説明を行います。
あなたもどれかの症状に当てはまっていませんか?
放置すればさらに悪化する可能性もあるので適切な対処を考えないといけません。

  • 会陰切開の痛みがなくなって出産による痛みから回復してきたらお尻の辺に違和感がある。
  • 排便でいきんで出す時にお尻が痛い。
  • 自覚症状はないけど排便したら大便に血が混じっている。
  • お尻が痛くて下着がすれるだけでも痛い。
  • 下痢気味でお尻を拭きすぎて肛門を痛めてしまう。
  • 痔が痛くて歩くのもつらい。

 

産後に痔になる原因は?

前項で産後の痔の症状の説明を行いましたが、産後になぜ痔になるのか痔になる原因について説明を行います。
・便秘
もっとも多いのが便秘です。
授乳によって水分が不足したりホルモンバランスが崩れたことで便がガチガチに硬くなるためです。
排便の際に肛門が切れるということが起こります。
・下痢

産後の痔の種類

産後の痔にはいくつかの種類がありますが、その中でも産後に多い「切れ痔」と「いぼ痔」について説明を行います。

 

切れ痔

切れ痔とは肛門の周りの皮膚が傷ついて避けている状態をいいます。
産後に特に多いのが、この切れ痔です。
便秘が悪化して便がガチガチに硬くなりいきんだときに肛門付近に傷がつくというところです。
大便に出血が混ざるようになります。
便が固いままだと痔も改善できず並行した対策が必要になります。

 

いぼ痔

切れ痔と同様に産後に多いのが、いぼ痔です。
いぼ痔の中でもさらに種類があって内痔核と外痔核があります。
それぞれ症状と原因は異なるので説明をしていきます。
・内痔核
・外痔核

 

痔になればどうすればいい?

まず、痔が痛くて歩けない・多量の出血があるなど重傷な場合に関しては病院に行くべきでしょう。

 

痔の市販薬は使用してもいい?

病院にいかずに自分で改善するための方法として市販薬を使うという方法があります。
痔の治療に市販薬を使用してもいいかについて書いています。

 

改善しない場合は病院に、最悪は手術も

痔がいつまでもよくならない場合に関しては病院に行って治療をしたほうがいいです。
「痔」の治療を行うのは、本来は肛門科になります。
近くに肛門科がない場合に関しては消化器外科でも見てくれます。
痔で病院に行くのは恥ずかしいので行かないとさらに悪化する可能性があるので悪化する前に病院に行きましょう。

 

痔を再発させないために

市販の薬や病院に行くことで痔の悪化はくいとめたとしましょう。
しかしながら痔になった原因の対処をしないと痔は再発する可能性が非常に高くなります。
痔になる大きな原因は「便秘」です。
痔が悪化してつらいので肛門科で治療をしてくれても便秘の治療はしてくれません。

サプリランキング

おすすめの便秘解消

関連ページ

おなら
産後に我慢できないほどおならが臭くなる理由と対処方法について書いています。
いきめない
出産後に便通が悪くなりいきもうとすると会陰切開した傷を気になっていきめないことがあるのですが、その対処法について書いています。
子宮復古不全
吐き気
産後の便秘が続き1ヶ月も続くと死にますか?