産後 便秘 オリゴ糖

MENU

産後の便秘にオリゴ糖がおすすめな理由

オリゴ糖が便秘の解消に効果があると言われる理由は腸内環境を改善する働きをするからです。

 

正常な腸内は善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日羽見菌が7割の構成となっていますが、便秘になると腸内の環境が正常ではなくなり善玉菌が減少して悪玉菌が増加するようになります。

 

便秘を解消するには善玉菌を元のように増やすことで善玉菌・悪玉菌の割合が正常な腸内環境に戻ります。
オリゴ糖は善玉菌の餌となって善玉菌を増やす働きをします。

 

オリゴ糖の種類と効果

1口にオリゴ糖と言っても実は何種類かあって効果も違っています。
便秘の解消が目的なら目的にあったオリゴ糖でないといけないことになります。
オリゴ糖の種類と効果の説明をします。

 

ビートオリゴ糖

甘さは砂糖の20%ほどなのでそれほど甘くはありません。
甜菜や砂糖大根から抽出されるオリゴ糖です。
アレルギーにも効果があるとされています。

 

フラクトオリゴ糖

甘さは砂糖の20〜35%ぐらいの甘さでビートオリゴ糖より少し甘い感じです。
虫歯の予防効果もあると言われており整腸効果にも優れています。

 

ガラクトオリゴ糖

甘さは砂糖の20〜35%ぐらいの甘さでフラクトオリゴ糖と似た感じの甘さです。
母乳や牛乳から抽出されています。

 

大豆オリゴ糖

その名前の通り大豆から作られたオリゴ糖です。
甘さは砂糖の70%と砂糖に近い甘さで他のオリゴ糖よりはかなり甘いオリゴ糖です。
少量でも整腸効果があるとされています。

 

乳果オリゴ糖

非常に甘味が強いのが特徴のオリゴ糖です。
砂糖と同等か人によってはそれ以上の甘味と感じる人もいます。
カルシウムの吸収を助けて骨を丈夫にします。

 

キシロオリゴ糖

キラシンという成分を主成分としたオリゴ糖です。
数あるオリゴ糖の中でも特に整腸効果が高いオリゴ糖と言われています。

 

イソマルトオリゴ糖

甘さは砂糖の40〜50%です。
熱や酸に強く長期保存に向いたオリゴ糖です。

 

オリゴ糖を食べ物から摂取する

オリゴ糖というと砂糖のようなイメージがありますが、オリゴ糖を購入しなくても食べ物に含まれています。
ただし、含まれている量は微量なので頑固な便秘の場合は必要分の摂取ができない場合もあります。

 

オリゴ糖を摂取する前に食べ物から摂取できるオリゴ糖で便秘を解消したい人は食べ物とオリゴ糖の種類・含有量を調べるといいでしょう。

 

オリゴ糖が含まれている食品と含有量を紹介します。
下記のことからもわかるように食品でオリゴ糖を多量に摂取することはなかなか難しいことがわかります。

 

オリゴ糖の効果的な摂取方法と摂取量

 

1日に必要なオリゴ糖の量は

 

おすすめのオリゴ糖の摂取方法

 

過剰に摂取した場合に副作用はないの?

オリゴ糖はサプリメントというよりも食品なので副作用はありません。
ただし、お腹がゆるくなるといった症状はでることがあります。
何事も過剰な摂取はいけません。

 

効果があるオリゴ糖の選び方とは

オリゴ糖にもたくさんの種類があります。
スーパーに行ってもいろんな種類の物が売っていますし、ネットを見れば非常に多くのものが売っています。
金額も高いものもあれば安いもものもありいろいろです。
安いから効果がなく高いから効果があるというものでもありません。

 

オリゴ糖を選ぶ際のチェックポイントを簡単に書いてみます。

オリゴ糖の純度を見る

オリゴ糖の価格と比例する形になりますが、オリゴ糖の純度が高いほど効果は期待できます。
安いオリゴ糖でも効果は期待できますが、甘味が多くを占めるため期待値としては低くなります。

 

主となるオリゴ糖の種類を見る

サプリメントとして販売されているオリゴ糖であれば心配する必要はないのですが、オリゴ糖が便秘にいいということを知ってスーパーなどで購入する場合は主となるオリゴ糖が何かを確認したほうがいいでしょう。
すべてのオリゴ糖が便秘にいいというわけではなくオリゴ糖の種類によっては便秘解消の効果が低いものもあります。
特にスーパーで購入する場合はオリゴ糖という食品の1つとして販売しているだけなので便通をよくするものなのかは自分で判断をしないといけません。

 

食品添加物や成分を見る

産後となると授乳中であるためオリゴ糖の成分が気になります。
食品添加物などが入っていないか確認するようにしましょう。

 

効果がないという場合もあり

オリゴ糖は便秘解消に効果が高いとされていますが、必ず効果があるというものではありません。
また、商品によってあうあわないがあり別の商品であれば効果があったという場合もあります。

 

オリゴ糖に副作用はないの?

オリゴ糖に副作用がないかは気になる部分でもあります。
出産後で体力が低下している時期でもあるし、授乳もしているからです。
オリゴ糖には副作用はありません。
ただし、過剰摂取した場合は、「お腹が緩くなる」と言われています。
適量の摂取であれば問題はないということになります。

 

おすすめのオリゴ糖

オリゴ糖はスーパーやドラグストアに販売されている以外にもネットで販売されているものもあります。
市販のものに比べると高価なものになりますが、善玉菌を活性する仕組みがあったり高純度であったりといろいろな工夫がされています。
以下、おすすめのオリゴ糖を紹介します。

 

カイテキオリゴ

妊婦を中心に人気のオリゴ糖商品です。日本で一番売れているオリゴ糖です。高純度オリゴ糖で不純物はほぼないため母乳への影響は気にする必要はあります。便秘への効果は独自のEOS理論によりほぼすべての善玉菌を活性化に成功しているため高いと評判です。

 

カイテキオリゴ公式サイトへカイテキオリゴの詳細

 

はぐくみオリゴ

はぐくみオリゴは、複数のオリゴ糖をブレンドすることによりより桁違いの実感力を生むことになったオリゴ糖です。純度の高いオリゴ糖なので妊婦だけでなく赤ちゃんにも与えて大丈夫なほど安心できる商品です。

 

はぐくみオリゴの公式サイトへはぐくみオリゴの詳細へ

 

オリゴのおかげダブルサポート

オリゴのおかげは家庭用のオリゴ糖では売上ナンバー1のオリゴ糖です。特定保健用食品として消費者庁の認可を受けているのも人気のひとつです。オリゴ糖だけではなくカルシウムも含んでおりダブルでサポートしています。

 

オリゴのおかげの公式サイトへオリゴのおかげの詳細へ

 

ネットで販売されているオリゴ糖

おすすめで紹介したオリゴ糖は人気のある商品ですが、これ以外にもオリゴ糖は販売されています。
あくまで