産後に便秘になることはよくある

出産後に便秘になることはよくあります。
出産後だけでなく妊娠中から便秘になってさらに出産後も続くということも普通にあります。
いずれも強力な便秘で薬が飲めなくて苦しいものです。

 

便秘になる理由は以下のようなものがあります。

  • ホルモンのバランスが崩れる
  • 育児の影響で運動不足になる
  • 水分が不足している
  • 出産時の傷の痛みでいきめないためそのうち便意がなくなる

 

実は産後に便秘になる理由のひとつに「ダイエット」があります。
当ページではなぜダイエットが原因で便秘になるかを説明していきます。

 

出産しても体重は元に戻らないことがある

女性は妊娠をすると体重が増加します。
それは体内に赤ちゃんがいるため当然のことです。

 

出産時の赤ちゃんの体重は2500〜3500gなのですが、妊婦の体重はだいたい+10kgぐらい増加します。
妊娠中の体重増加は赤ちゃんが順調に育っている証拠でもあるので喜ばしいことでもあります。

 

しかし出産をすると元の体重に戻りたいと思います。
でも、体重が元に戻らないことも多々あります。

 

やっぱり、元のスリムな姿に戻りたいと思うのが、女性心理です。
体重が元に戻らない人は育児で忙しい中でもダイエットを始めるのです。

 

戻りたい体重の目安は元の体重のプラス〇kgと人によって異なります。
このダイエットが便秘を悪化させることになります。

 

ダイエットで便秘になる理由とは

ダイエットにはいろいろな種類があるのですが、ここでは特に〇〇ダイエットというものではなく一般的なダイエットについて書いてみます。

 

ダイエットというのは簡単にいうと食べる・飲むを減らすということになります。
または、低カロリーで満腹感のあるものを食べたりします。

 

やり方はいろいろあっても基本的な部分は大きく変わらないと思います。

 

ではダイエットのどういう部分が便秘によくないかを説明していきます。

 

まず1点目

ダイエットをすることによって水分の摂取量が非常に少なくなります。
これが便秘にはよくありません。

 

出産後の場合、授乳のため水分は普段よりも多く必要になります。毎日、3Lほど飲まないといけないとも言われています。
多い目に摂取するように心がけしていても便秘になるぐらいですのでダイエットで水分を減らすことで水分が著しく不足をして便がガチガチに硬くなります。
このため、便秘が悪化します。

 

2点目

次に食事の量です。まったく食べないというのではなく食べる量は減り低カロリーのものになるはずです。
これが曲者です。
腸は処理するものがあって初めて蠕動運動を行います。
ただでさえ、腸の動きが鈍っているところに消化するものがなければ腸の動きはさらに悪くなります。
このため、便秘はさらに悪化します。

 

3点目

ダイエットすることがストレスになることがあります。
ダイエット以外にも育児や家事などいろんなことでストレスが掛かるため必要以上にストレスが掛かることになります。
ストレスの影響は腸にダイレクトに影響します。
ストレスで腸の蠕動運動が鈍り便秘になります。

 

ダイエットは腸内環境を改善して便秘を治してから

ダイエットが便秘を悪化させる原因になるかもということはお伝えをしました。
では、どうすればいいかということです。

 

まず、腸を元気にしましょう。

 

腸を元のような元気な状態にすれば便秘も解消されるし、代謝がアップして脂肪がつきにくい身体になるはずです。
完全に腸の状態がよくなってからダイエットをすればいいでしょう。

 

便秘が解消されればお腹の中にあったうんちも排出されるので少しは体重が減るはずです。

 

腸内環境を改善する過程でも少しは?せると思います。
腸内環境を改善するにはやはり食事が重要です。

 

※オリゴ糖で産後の便秘を改善する
※乳酸菌で産後の便秘を改善する
※サプリで産後の便秘を改善する